お着物にときめき

日本人であることの幸せを感じる瞬間のひとつは、きものを着ているとき。

「きものや帯は、京呉服のおか善さんに仕立てていただいています。

詩集がとても繊細で、とにかく素晴らしいのひと言に尽きます。

派手すぎず地味すぎず。

古典柄もしゃれて見えるので、ついこちらでお願いしてしまいます」

  • 最終更新:2016-08-09 16:46:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード